ホーム > やってはいけないこと > 犬のお世話に手を焼きすぎない

犬のお世話に手を焼きすぎない

guta.jpg

愛犬に餌を与えて、散歩をさせて、シャンプーで体を洗ってあげたり、ブラッシングをしてあげたりとせっせと面倒を見ているのに、「何から何まで愛犬の世話は私がみているのに、全然言うことを聞いてくれないんだけど・・・」という悩みを持つ飼い主さんが多いものです。

飼い主側の感覚とすれば、世話をしてくれている人間を犬の方も主人として慕うはずだと思いたくなる気持ちもわかりますが、犬側の感覚とすれば「この人は、何かとボクに尽くしてくれるんだろう。尽くしてくれるということはボクよりも下位にいるってわけだな」と考えてしまうものなのです。だからこそ、わんこのお世話をせっせとしてくれる奥様よりも、普段はわんこにかまってくれない主人の方に従順になってしまうのは至極当然なことなのです。

つまり尽くされれば尽くされるほど、犬は飼い主を下に見るようになり、間違ってもご主人様という意識が芽生えることは決してありません。そうなると、犬は飼い主をバカにして、いうことを聞かなくなり、吠えたり、噛みついたりといった問題行動を起こしてしまうのです。その状態を改善させるためには、無視するしかありません。たとえ愛犬がエサを要求して吠えてきても無視をする、じゃれてきたりしても抱きあげたり、犬に視線を向けたりしないといった無視を決め込んでください。いままでの態度を急に変えることは、とても大変ですが、犬にとってみれば自分が尊敬しているリーダーに対して服従していることが幸せなので、愛犬との幸福な関係を築くためにも、がんばって無視してくださいね。


愛犬との生活にストレスを感じる・・・
問題行動の治し方がそもそもわからない。訓練学校に連れて行ったけど、すぐに元に戻ってしまう。いままで一生懸命しつけを頑張ってきたけど、全然いい子になってくれない。いままでとは全く違った方法で愛犬がいい子に変身します。あのTVチャンピョン「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した森田さんの犬に命令しないしつけ法を知れば解決です!
→→→「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」はコチラ



関連記事

  1. 犬にはおもちゃを与えっぱなしにしない

    いろいろなものを見て、様々なものとふれあい、遊びの中から飼い主である人間とのふれ...

  2. 子犬の甘噛みを放っておいてはいけない

    一般的に子犬は好奇心旺盛で、じっとしていることはなく動きまわっては、周りの様々な...

  3. 犬のトイレしつけの間違い!?

    一般に室内で犬を飼う場合、トイレのしつけはとても重要です。トイレのしつけがしっか...

  4. ソファにはできるだけ座らせない!!

    犬の社会は基本タテ社会です。人間とは違い、ヨコの関係というものは存在せずに常に上...

  5. 家の中では放し飼いにしない

    家の中で犬を飼っているご家庭の多くが、愛犬を放し飼いにしているのではないでしょう...

  6. 留守番させるときは、別れるあいさつはしない!

    多くの飼い主が外出する際に「これから出かけてくるから、いい子で留守番しているんだ...

  7. 犬のお世話に手を焼きすぎない

    愛犬に餌を与えて、散歩をさせて、シャンプーで体を洗ってあげたり、ブラッシングをし...


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--08jl3byb3436d.11do9.com/mmmttt/mt-tb.cgi/59

コメントする